ブログ

【2022年虫歯予防に欠かせないグッズを紹介!】|ミズキデンタルオフィス

虫歯予防に欠かせない物をご存知でしょうか?

 

虫歯予防というと、まずは歯磨きですね!

ですが、歯磨きグッズにもたくさんの種類があり迷ってしまう事はありませんか?

 

多くの歯医者さんが共通して提唱する、必ず使ってほしいグッズは、この4つです!

歯ブラシ、(手みがき)

歯みがき剤、

デンタルフロス、

歯間ブラシ(不要な人もいます)

歯の形は複雑で隙間も人によって違います。

歯並びやかみ合わせ、歯周病の進行度合いなどで、選ぶものが変わってきます。

歯医者さんに相談しながら、自分の使いやすいものを選んでくださいね。

 

当院がオススメする最新グッズ

歯と歯の接触面の歯垢は、デンタルフロスを使わないと落とせません。

歯と歯ぐきの隙間は歯間ブラシが効果的です。歯並びによっては使わない人もいますね。

歯みがき剤はフッ素などのお薬の効果で虫歯予防が期待できます。

これらのグッズにプラスして歯医者さんがおすすめするのが電動歯ブラシです。

電動歯ブラシは手磨きだけでは取り切れない歯垢を除去する効力があります。

逆に、手みがきだからとれる汚れもあるので、併用して使うことで予防効果は高くなるのです。

歯垢を取り除くのには歯みがきが基本ですが、歯ブラシによるケアだけで落とせる歯垢は、

全体の6割に過ぎません。デンタルフロスや歯間ブラシを併用してようやく8割となります。

残りの2割はというと、歯垢が石灰化して歯についてしまったものや、(時間が経つと歯石となります)、手みがきの癖によるみがき残しになります。

ホームケアだけでは取り切れないものが歯石なのです。

あとは歯医者さんのプロフェッショナルケア(PMTC:プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・ケア)にお任せしましょう。

信頼できる歯医者さんにで定期的に見てもらうことが大切なんですね。

🌻当院歯科衛生士スタッフKがオススメする最新グッズ🌻

私がオススメするおすすめの虫歯予防グッズ

歯ブラシ

【クラプロックス】毛が柔らかく密に植毛されている(5460〜12460本!)のが特徴で、毛のかたさではなく、毛の密度で汚れを落とせる歯ブラシです。国全体で口腔ケアの意識の高いと注目されているスイスのメーカーです🇨🇭
同業者の中でも「クラプロックスを使い始めると他の歯ブラシが使えなくなる」と言われているほど人気の歯ブラシです!

 

歯磨き粉

【クリニカ アドバンテージ】ライオン製のもので、市販で購入できます。フッ素の含有量が高く、味も美味しいので虫歯予防のためにはこれを使います。

 

【おとなのトータルケア 歯磨きジェル】GC製のもので去年発売になった比較的新しい製品です。
トータルケアという名前の通り、虫歯予防に加えて、歯周病、知覚過敏、口臭などの成人によくある口腔トラブルをケアできる歯磨き粉です。ジェルタイプですがテクスチャーがもったりしていて歯に密着するので、フッ素の効果が高く現れるそうです。
ジェルだから研磨剤・発泡剤が未配合のため長く磨けることもお気に入りです。
すこしビターな味ですが、スッキリとしていてお気に入りです。

 

【ルシェロ 歯磨きペースト ホワイト】ホワイトニング後のケアに使用しています。もちろんフッ素も含有されているので虫歯予防効果もあります。ホワイトニング後の着色を予防するにはこの製品の人気がとても高いです!

オススメの補助清掃用具

フロス

【フロアフロス】【フロアフロス スタートアップ】オーラルケア社製のフロスです。指原莉乃さんもYouTubeでおススメしたことで一気に認知度が上がった商品です!
毛束が多く、水分(唾液)を含んでフロスが膨らむ作りになっています。やわらかくしなる糸の毛束が歯肉ポケット内までしっかりとアプローチできるため、歯ブラシでは取り切れない細かい部分の汚れまでしっかり取れます。

わたしはこの歯ブラシ、歯磨き粉、フロスの3点で毎日の口腔ケアをしていますが、他にもタフトブラシや歯間ブラシなどいろんな種類のケア用品が様々なメーカーから出ているので、一人ひとりのお口に合った製品を見つけることが大事です!

 


🚃ミズキデンタルオフィスの行き方🚃

スムーズにご来院していただくために・・・当院までの道案内!

📝この記事の関連記事はこちら📝

【虫歯予防に欠かせないものは?おすすめグッズ紹介|ミズキデンルオフィス】

🦷歯科助手・歯科衛生士さん募集中🦷

詳細こちら

 


📢SNSもぜひCHECKしてみてください^^

📸Instagram📸

🐤Twitter🐤

 


🎥動画もCHECK!

 

サイトトップに戻る

 

ミズキデンタルオフィス

CATEGORYカテゴリー