【あごの骨が足らずインプラントはできないと言われました】①

近年は再生手術が進歩し骨がかなり薄い状態でもインプラントが可能です。

インプラントを埋め込む際には、インプラントの周りに各2ミリずつ健康な骨が必要になりますが、歯を抜いてしまうと顎の骨は次第に吸収され減少してきます。

また、長期間入れ歯を使用している場合、噛む力があごの骨の負担になるためさらに骨がなくなります。

他には歯周病が進行していき骨が足りなくなる人もいます。

以前は、骨の厚みが足りない人はインプラントを断念するしかありませんでしたが、現在では骨の再生治療(骨を増やす治療法方)が進歩し、より多くの人が治療を受けることができるようになりました。

骨の再生治療には主に3つのものがあります。

次回から3回に分けそれぞれ詳しく解説いたします。