【手術は2回やると聞きました。1回で済む方法はありませんか?】

手術ではインプラント体を歯茎に埋め込んだ後に感染を防ぐために歯茎を縫うので、治癒期間は歯茎の中にインプラント体が完全に埋まった状態になります。
インプラント体と骨がしっかりと結合するまでに3~6か月の期間が必要とされています。

3~6か月後には歯茎を切開してインプラントの頭を出して、アバットメントという土台を連結する2回目のオペを行います。

近年はアバットメントを入れる2回目の手術をインプラント埋入手術のを同時に行う「1回法」という手術が普及しています。
1回法とは、インプラント体とアバットメントとを同時に連結させるため、2回目のオペを行う必要はありません。

ただしアバットメントも自分の歯と同様に汚れるため、柔らかい歯ブラシでアバットメントも磨く必要があります。
綺麗にお手入れをしないとインプラント周辺が細菌に感染して、せっかく入れたインプラントがダメになってしまいます。

インプラント体とアバットメントを別々に入れる2回法は、通院の回数や手術を受ける回数は掛かりますが、時間を置いてインプラント体と骨が強く結合するので、厳しい条件では1回法よりも良いと言われています。