【歯が1本も無くてもインプラントは出来るの?】

インプラントはブリッジのように他の歯を削って利用する必要が無いので、全く歯がない状態の人でもインプラント治療は可能です。
ただ、歯を失ってから時間が経ってしまった場合には、骨が痩せてインプラントを埋める高さや幅を確保できないこともあるので、その場合には骨移植術やサイナスリフト(上顎洞底拳上術)など骨を移植して増やす手術をしてからインプラントを埋め込みます。
近年では上下、あるいは上下全部歯を失ってしまった人向けに「オールオンフォー(All on 4)」という少ない本数のインプラントで人工歯を支える方法もあります。
インプラントができないと思っていた方でも、今は色々な治療法があるためインプラントをご検討されていらっしゃる方は信頼のおける歯科医院に相談へ行ってみましょう。