【歯周病を治してからインプラントを入れた方が良い?】

歯を失う一番の原因は歯周病です。歯周病は歯を支えている歯ぐきや骨が歯周病原細菌に侵される感染症です。

歯周病が原因で歯を失っても骨が残っていればインプラント治療は出来ますが、これを放置した状態でインプラントを入れても今度は歯周病原細菌がインプラント周辺の骨を溶かしてしまいます。これだとせっかく入れたインプラントが脱落してしまいます。それに加えて残っている他の天然歯が次々と抜けてしまうこともあります。
なので、歯周病の治療も必要になってきます。
歯周病が改善すれば残った歯も入れたインプラントも長持ちするので、インプラント治療を検討されている方は、同時に歯周病のチェックもしてもらいましょう。