【インプラント治療が受けられない人って?】

インプラント治療は、あごの骨に限らず全身の病気や体質、服用しているお薬の兼ね合いで、以下のような人は治療が受けられません。

■アルコールや薬物依存症の人
■長期間、ステロイド剤を服用していた人
→期間や量によりますが、骨の治りが遅くなってしまうためです。
■ビスフォスホネート系薬剤を服用している人
→骨粗しょう症のお薬です。骨の代謝を止めることにより、骨が溶けるのを防げますが、骨が治癒しにくくなってしまいます。
■骨が成長途中の人
→あごの骨にインプラントを入れるため、成長が終わる20歳くらいまでは待ちましょう。
■あごの骨に放射線治療をした人
→舌や歯肉のガンであごの骨に放射線を照射すると骨自体が脆くなってしまいます。
■チタンアレルギーの人
→インプラントはほとんどの素材がチタン製で人間の体と相性が良い反面、稀にアレルギー反応を起こす人も居ます。
■治療に協力が出来ない人
→インプラント治療は外科手術が伴うだけでなく、治療も長期間にわたります。もちろん入れたインプラントを守るためには自己管理が大事ですので、歯科医師の指示に従っていただけない場合には難しいと思います。