【インプラントが抜けてしまうことはありますか?】

インプラントが骨にくっついた状態のことを「生着」と言いますが、手術後にしっかり骨に生着する「生着率」は10年で約95%と言われています。
手術して間もなくインプラントが脱落してしまう原因は、骨に穴を開ける際にドリルの摩擦熱で組織に傷を付けてしまったり、細菌に感染している場合があります。
これらは経験豊富な歯科医師であれば防げるものですので、それほど心配する必要はありません。

人工歯が付いてからの脱落は、噛むときに力が強すぎて人工歯に負担が掛かっていることがあります。
また普段からケアを大事にしていかないと細菌に感染してインプラント周辺の骨が細くなってしまい、せっかく入れたインプラントがダメになってしまいます。(インプラント周囲炎)

もしインプラントを入れた後に違和感を感じたら、すぐに歯科医師に相談しましょう。