【金属を埋め込んでも大丈夫なの?】

人間の体には、異物を排除しようとする働きがあるので、通常は金属を骨に埋め込んでも結合させることは出来ません。
しかし1950年代後半に解剖学者のブローネマルク博士(スウェーデン)が動物実験をしている最中に、偶然にもチタンが拒絶反応を起こさずに骨としっかり結合していることが分かったのです。このことからインプラント治療が大きく進歩しました。

金属アレルギーを心配される方がいらっしゃいますが、チタンは長期間骨の間に置かれても体の中で悪影響を及ぼさないので、ほとんどアレルギー反応を起こすことはなく安心して使うことが出来ます。
現在のインプラントもほとんどがチタン製で丈夫な上に人間の体と相性が良い素材なので、歯科のほかに人工関節にも使われています。