【どんな人がインプラント治療に向いているんですか?】

入れ歯やブリッジでは満足出来ない人に適しています。

現在の入れ歯は「食べ物が挟まって痛い」「味覚が落ちる」「ガタついて満足のいく食事が出来ない」「口の中の違和感に耐えられない」という不満がある方が多くいらっしゃいます。
また審美的な問題で「金具が外から見えてしまう」「不自然で入れ歯を使っていることが分かる」という点も挙げられます。

インプラントは骨にしっかりと固定されているので見た目も自然ですし、自分の歯と同じように使うことが出来るので、入れ歯やブリッジでの不満が解決出来ます。

つまり、入れ歯やブリッジでは満足が出来ない人に適していると言えます。ただし全額自費診療になるので簡単に出来る治療ではありません。

また「入れ歯が面倒臭いからインプラントにしたい」という方もいらっしゃいますが、インプラントも天然歯と同様に汚れるので、普段から歯磨きでケアをしたり、定期的に健診に行くことが不可欠なので、しっかりと管理が出来ない人にはインプラントは向きません。