インプラントセンター横浜 ミズキデンタル第2オフィス 神奈川 横浜 川崎 インプラントセンター横浜 ミズキデンタル第2オフィス ご相談・新患受付

院長・スタッフ紹介

インプラント 神奈川 横浜 HOME > 院長・スタッフ紹介
水木信之

水木信之略歴

理事長イメージビデオ(音声付き)
医学博士 口腔外科専門医・指導医 水木信之

医療法人社信和会理事長
ミズキデンオフィス・インプラントセンター横浜院長
横浜市立大学医学部口腔外科学講座 元臨床教授
横浜市立大大学院医学研究科顎顔面口腔機能制御学客員准教授
日本歯科大学附属病院口腔インプラント診療科臨床講師
公益社団法人日本口腔外科学会 専門医・指導医
公益社団法人日本口腔インプラント学会 専門医
公益社団法人日本顎顔面インプラント学会 指導医
NHKきょうの健康相談医

インプラント治療歴30年
インプラント手術を毎月35件、年間約400件の実績です。

皆様に安心して気持ちよく通っていただける医院作りに尽力いたします。


[ 医療法人社団信和会ミズキデンタルオフィス スタッフ及び関係者一同]


医療理念
1 一人一人の患者さんに対して、カウンセリング・マインドによる十分なコミュニケーションを最優先に考えております。また、全ての情報をお伝えすることで、患者さんがご自分で決定できる歯科医療を提供し、満足して頂けるように努めております。

2 歯周病・虫歯の予防と口腔のケアを徹底的に重視し、できる限り歯を削らない、歯の神経を取らない、歯を抜かないを目標に、自分の歯を長く残せるような予防歯科医療をご提供しています。

3 インプラント治療では、怖くない、痛くない、腫れない、傷がほとんどない、手術時間・回数が少ないを目標にしています。最先端の医療機器を導入することで、最小限の手術に徹し、安全、快適な歯科をご提供しています。

4 「口から始まる健康管理」をテーマに、口腔と全身との関連、心身相関を考慮した全人的歯科医療をご提供しています。
また、未病・補完代替医療・アンチエイジング医療を他科との連携により推進しています。

スタッフ紹介

スタッフ紹介

院長、スタッフ一同、ホスピタリティー溢れる歯科医療を目指したいと考えております。当院では、夏はアロハ着用で診療させていただくなど、患者さんがリラックスして診療を受けていただけるような雰囲気作りを大切にしています。

インプラント研究部門の設立

医療法人社団信和会は、歯科インプラントに関する普及・促進・研究を行い、より正しいインプラントの知識と患者から信頼される良質なインプラント医療の提供を図り、国民の健康増進に寄与することであります。したがいまして、エビデンスを作り上げるためのインプラント基礎研究を通して、インプラント医療技術の向上を求め、安心して口腔インプラント治療を受けられることを目的とし、インプラント研究部門を設立いたしました。
当研究部門は、歯科医師をはじめ隣接医学の先生方、大学で教えている先生方で構成され、国内外のインプラントに関する情報収集・研究・研修などを行っております。


水木 信之
水木信之
部門長  インプラント臨床分野  医学博士  口腔外科専門医・指導医
顎顔面インプラント指導医
横浜市立大学医学部顎顔面口腔機能制御学 客員准教授
日本歯科大学附属病院インプラント診療センター 臨床講師


水木 さとみ
水木さとみ
主任研究員心身医学分野医学博士
株式会社エム・エイチ・アイ代表
元東京医科歯科大学口腔心身医学 臨床講師
[略歴]
1982年  法政大学社会学部卒業
1985年  日本歯科大学付属歯科専門学校歯科衛生士科卒業(歯科衛生士)
1991年  アメリカ合衆国フロリダ州に1年半在住、帰国後、各種心理療法修得
1996年  横浜市立大学医学部研究生入学(口腔外科学専攻)
横浜市立大学医学部精神医学講座に学ぶ
1999年  (株)メディヒーリング研究所(MHI)設立(所長)
2000年  アメリカ合衆国に統合医療視察
(コロンビア大学・米国国立予防衛生研究所など)
横浜商科大学人権問題・学生相談カウンセラー (2000年~2004年)
2003年  東京医科歯科大学頭頸部心身医学分野客員臨床講師
心理カウンセリングを実施
2004年  内閣府認定NPO法人アクティブ倶楽部理事
2005年  横浜市立大学より医学博士の学位を授与
2011年  中国・上海 YODE Dental Center顧問
2013年  医療法人社団信和会ミズキデンタルオフィス理事
2014年  多摩大学大学院(MBA過程) 客員教授


李 憲起
李憲起
主任研究員基礎研究分野医学博士
中国山西医科大学客員教授
[略歴]
1984年  中国河北医科大学卒業
河北省人民病院口腔科医師
1989年  松本歯科大学研修医
1998年  横浜市立大学大学院医学研究科(口腔外科学専攻)入学
2002年  横浜市立大学大学院医学研究科(口腔外科学専攻)修了
医学博士授与松本歯科大学助教
2008年  松本歯科大学講師
2009年  中国山西医科大学(口腔外科学)客員教授


仲谷 寛
仲谷寛
外部講師 歯周病学分野歯学博士 歯周病専門医
日本歯科大学附属病院教授
[略歴]
1985年  日本歯科大学歯学部卒業
1989年  日本歯科大学大学院修了
日本歯科大学歯学部歯周病学教室助手
1991年  日本歯科大学歯学部歯周病学教室講師
1993年  University of Texas Health Science Center at San Antonioへ
1年間の留学
1998年  日本歯科大学歯学部歯周病学教室助教授
2007年  日本歯科大学附属病院教授


小倉 陽子
小倉陽子
外部講師 歯科臨床系歯学博士 歯科保存治療専門医
日本歯科大学生命歯学部 歯科保存学講座 講師

1998年  日本歯科大学歯学部(現生命歯学部)卒業
2003年  日本歯科大学大学院歯学研究科 歯科臨床系修了
日本歯科大学歯学部(現生命歯学部)歯科保存学講座助手
2009年  日本歯科大学歯学部(現生命歯学部)歯科保存学講座講師


小出 茂代
小出茂代
外部講師 歯科麻酔学分野歯学博士 日本歯科麻酔学会認定医
日本歯科麻酔学会認定専門医
神奈川歯科大学生体管理医学講座麻酔科学非常勤講師
[略歴]
1995年  日本大学歯学部歯学科卒業
1999年  日本大学大学院歯学研究科歯科臨床系専攻卒業
日学位授与博士(歯学)
日本大学助手(歯学部歯科麻酔科学教室勤務)
2004年  神奈川歯科大学生態管理医学講座麻酔科研究助手
2008年  同大学同科非常勤講師


日本口腔外科学会認定「口腔外科専門医」「口腔外科指導医」とは?

  「口腔外科専門医」とは、公益社団法人日本口腔外科学会が認定した口腔外科専門の医師・歯科医師のことです。 公益社団法人日本口腔外科学会は、わが国における歯科関係の学会としてはもっとも古い歴史を有しており、1933年5月に設立されました。日本歯科医学会の専門分科会の中で日本顎顔面インプラント学会に次ぐ規模を持つ専門学会です。会員は医師または歯科医師によって構成されています。

  日本口腔外科学会の専門医制度とは、学会の厳正な審査、専門医試験に合格してはじめて「口腔外科専門医」となり、「口腔外科専門医」の資格を取得後、さらに学会が定める一定条件を満たした者が「口腔外科指導医」の資格を取得できます。

  「口腔外科専門医」「口腔外科指導医」に認定された者は技術的に優れた安心して治療を受けていただける医師・歯科医師であり、口腔外科治療に関して充分な学識と豊富な治療経験を持つだけでなく、口腔外科学の最先端で活躍するために、常に学識・経験の向上をめざしています。

  詳細につきましては、公益社団法人日本口腔外科学会 http://www.jsoms.or.jp/ をご覧ください。

日本顎顔面インプラント学会認定「顎顔面インプラント指導医」とは?

  「顎顔面インプラント指導医」とは、公益社団法人日本顎顔面インプラント学会が認定した顎顔面インプラント医療を専門に取り扱う歯科医師のことです。公益社団法人日本顎顔面インプラント学会は、口腔顎顔面領域のインプラントに関する基礎的、臨床的研究を推進し、正しいインプラントの知識と良質なインプラント治療の普及を図り、もって我が国の学術の発展と国民の健康増進に寄与することを目的に1987年に設立された学術団体です。

  「顎顔面インプラント指導医」
の資格は、歯科医師または医師の臨床研修修了登録証取得後、研修施設または関連研修施設において、本学会専門医取得後3年以上、通算15年以上インプラントに関する診療に従事していることなど、規定の単位を取得および審査に合格することにより付与されます。

   詳細につきましては、公益社団法人日本顎顔面インプラント学会http://www.jamfi.net/をご覧ください。

日本歯周病学会認定「歯周病専門医」とは?

  「歯周病専門医」とは、特定非営利活動法人日本歯周病学会が認定した歯周病を専門に取り扱う歯科医師のことです。特定非営利活動法人日本歯周病学会は、歯周病を克服することにより自分の歯を1本でも多く残すことを目的に 1957年に設立された学術団体です。

  「歯周病専門医」の資格は、5年以上日本歯周病学会に所属し、規定の単位を取得および審査に合格することにより付与されます。

  詳細につきましては、特定非営利活動法人日本歯周病学会http://www.perio.jp/をご覧ください。

日本歯科保存学会「歯科保存治療専門医」とは?

  特定非営利活動法人日本歯科保存学会は、昭和30年に歯科保存口腔治療学会として設立され、現在まで、わが国の歯科臨床系学会の主軸の一つとして、また、保存修復、歯内療法、歯周療法の三領域を幅広く包含する専門学会としての立場から、「歯を保存するための学問と医療」に終始取り組んでいる学術団体です。
  現在は会員総数約4500名で構成されており、学術大会開催(年間2回)、学会誌の発行をはじめとする学術・研究・教育活動は言うに及ばず、歯科保存学に関連した医療や予防を発展普及させるためのさまざまな活動を行っています。

  日本歯科保存学会「歯科保存治療専門医」とは、特定非営利活動法人日本歯科保存学会が認定した、歯科保存学の専門的知識と臨床技能を有し、その生涯にわたる研修を図ることにより、医療水準の向上と普及を図り、もって保健福祉の増進に寄与する事を目的とし、規定の単位を取得および審査に合格することにより付与されます。

  詳細につきましては、特定非営利活動法人日本歯科保存学会http://www.hozon.or.jp/member/をご覧ください。

日本歯科麻酔学会「認定医」「歯科麻酔専門医」とは?

   一般社団法人日本歯科麻酔学会とは、前身の歯科麻酔懇談会、歯科麻酔研究会を経て、歯科麻酔学の進歩およびその発展に寄与するとともに、会員相互の親睦を図り、もって我が国における学術の発展と国民の健康増進、福祉に寄与することを目的とし昭和48年に設立されました。

  日本歯科麻酔学会「認定医」とは、一般社団法人 日本歯科麻酔学会が認定した、歯科麻酔学に関する知識と技能を有する歯科医師のことです。2年以上の研修と学術論文等の規定の単位を取得および審査に合格することにより付与されます。

  「日本歯科麻酔専門医」とは、「認定医」を経て、歯科麻酔学の専門的知識と臨床経験を基盤とした歯科診療の推進を図り、5年以上日本歯科麻酔学会に所属し、歯科麻酔分野に専従していることもしくは歯科に関連する全身管理症例、疼痛治療症例を担当又は指導していること等業績を認められた者に付与されます。

  詳細につきましては、一般社団法人 日本歯科麻酔学会http://kokuhoken.net/jdsa/をご覧ください。

ページトップへ
  • インプラントとは
  • 入れ歯・ブリッジにはないインプラントのメリット
  • インプラント治療の流れ
  • コンピュータによるインプラント治療
  • インプラントを長持ちさせるために
  • インプラント体験談
  • 実績本数・症例紹介
  • 安全設備について
  • 医療費控除 デンタルローン
  • インプラント成功の第一歩とは?
  • 院長ブログ
  • スタッフバナー    
  • ミズキデンタルオフィスフェイスブック
  • 光機能化技術導入医院
  • ミズキデンタルオフィス
  • 上海YODE Dental Center紹介
  • モバイル版バナー