インプラントセンター横浜 ミズキデンタル第2オフィス 神奈川 横浜 川崎 インプラントセンター横浜 ミズキデンタル第2オフィス ご相談・新患受付

医療費控除・デンタルローン

インプラント 神奈川 横浜 HOME > 医療費控除・デンタルローン

医療費控除とは

 医療費控除とは、その年の「1月1日~12月31日」までの間に支払った本人と家族の医療費が「10万円超える」場合、または「総所得の5%を超える(総所得金額200万円未満の人)」場合に税金の還付、軽減が受けられる所得控除のことです。 (※対象となる医療費最高限度額は200万円) 医療費控除は年末調整では手続きできませんので、還付を受けるためには「確定申告」をしなければなりません。

控除の対象となる医療費

  • 本人、妻(または夫)、子供、孫、両親、祖父母、兄弟姉妹な生計を共にする家族、親族のために支払った医療費
  • 高額療養費や出産一時金(健康保険関係)、高額介護サービス(介護保険関係)の支払いを受けた場合や、生命保険の給付を受けた場合、自ら差額ベッド、個室等を希望した場合は、実際に支払った医療費からそれらの金額を差し引いた後の金額
  • 病気の治療のためにかかった費用、薬局などで薬を購入した費用、通院、入院のための電車、バス、タクシーなどの交通費

■歯の治療に伴う医療費控除対象の具体例

  1. 歯の治療について
    • 虫歯や歯周病の治療費
    • 親知らずの抜歯の費用
    • 金冠、金歯、メタルボンド、セラミックスなど保険のきかない自由診療の治療費
    • 入れ歯、義歯、インプラントの費用
  2. 歯の矯正について
    • 成長期の子供に適正な顎顔面の成長発育を促す不正咬合の歯列矯正等、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用
    • 大人でも美容目的ではなく、噛み合せの改善を目的としている場合の費用(専門医の診断要)

■デンタルローンやクレジットを利用する場合の注意点

 治療費用の支払いにデンタルローンやクレジットを利用された場合、控除対象となる費用は、銀行や信販会社が融資や立替払をした金額(元金のみで金利および手数料等は対象外)で、時期はローンやクレジット契約が成立した年となります。 デンタルローンやクレジットを利用した場合、手もとに歯科医院の領収書が残っていない時は、デンタルローンの契約書の写しや信販会社の領収書を用意してください。

デンタル(歯科治療用)ローンについて

■デンタル(歯科治療用)ローンとは?

歯科治療費の支払い方法の選択肢のひとつで、インプラント治療・矯正治療など歯科治療費支払いの為に必要になった一時的な資金を、患者さんが金融機関から借りる融資(ローン)のことをいいます。
借り入れた資金については、契約に基いて、借入金額と利息分を加えて、期間内に分割して、患者さんが金融機関に毎月返済することになります。

■借り入れ条件等

借り入れのためには、金融機関による審査を受ける必要があります。
電話または、Webでお申し込み後、案内に従い手続きを行います。
当院では 次の金融機関と提携しています。患者さんのご希望により選んでいただきます。
スルガ銀行
お電話による申込の後、書面により手続きをしていただきます。
オリエントコーポレーション
パソコンやスマートフォーン利用によるWeb経由で申込みと手続きをしていただきます。
オリコデンタルローンバナー

■利用限度額、支払回数、利息利率

スルガ銀行
最大84回(7年間)利用限度額*790万円 年率7~11%
オリエントコーポレーション
最大60回(5年間)利用限度額*500万円まで 年率5.9%
*治療費用を超えて借りることはできません。

■返済支払いプランの例

以下の例はあくまで目安です、詳しくは各金融機関にお問い合わせください。
スルガ銀行
借入額100万円で年率7%の場合
支払回数初回支払月額総返済額合計 含まれる利息総額
12回払いの場合 \87,000\1,037,538(\37,538)
24回払いの場合 \45,000\1,073,524(\73,524)
36回払いの場合 \31,000\1,110,398(\110,398)
48回払いの場合

\24,000

\1,148,268(\148,268)
60回払いの場合 \20,000\1,184,976(\184,976)
73回払いの場合 \17,000\1,227,549(\227,549)
78回払いの場合 \16,000\1,246,581(\246,581)
借入額200万円で年率7%の場合
支払回数初回支払月額総返済額合計 含まれる利息総額
12回払いの場合 \173,000 \2,075,477 (\75,477)
24回払いの場合 \90,000 \2,147,075 (\147,075)
36回払いの場合 \62,000 \2,220,815 (\220,815)
48回払いの場合 \48,000 \2,296,588 (\296,588)
60回払いの場合

\40,000

\2,370,008 (\370,008)
73回払いの場合 \34,000\2,455,177(\455,177)
82回払いの場合 \31,000\2,514,845(\514,845)
借入額300万円で年率7%の場合
支払回数初回支払月額総返済額合計 含まれる利息総額
12回払いの場合 \260,000 \3,113,026 (\113,026)
24回払いの場合 \135,000 \3,220,618 (\220,618)
36回払いの場合 \93,000 \3,331,240 (\331,240)
48回払いの場合 \72,000 \3,444,902 (\444,902)
60回払いの場合

\60,000

\3,555,040 (\555,040)
71回払いの場合 \52,000\3,665,747(\665,747)
83回払いの場合 \46,000\3,783,755 (\783,755)
※参考資料:スルガ銀行説明資料
オリエントコーポレーション
借入額50万円で年率5.9%の場合
支払回数初回支払月額総返済額合計含まれる利息等総額
12回払いの場合\43,122\516,122(\16,122)
24回払いの場合\23,006\531,306(\31,306)
36回払いの場合\18,279\546,779(\46,779)
48回払いの場合\12,641\562,541(\62,541)
60回払いの場合\12,190\578,590(\78,590)

控除を受けるための手続き

 申告時期は、毎年度、翌年2月16日から3月15日までの1か月間です。
 医療費控除に関する事項を記載した確定申告書に医療費の支出を証明する書類(医療機関、薬局等の領収証)を添付し、所轄の税務署に提出をして下さい。
 確定申告は5年前にさかのぼって税金還付を受けることが可能です。確定申告を忘れていた方や医療費が控除対象になることを知らなかった方は、申告されることを検討されてはいかがでしょうか。
ページトップへ
  • インプラントとは
  • 入れ歯・ブリッジにはないインプラントのメリット
  • インプラント治療の流れ
  • コンピュータによるインプラント治療
  • インプラントを長持ちさせるために
  • インプラント体験談
  • 実績本数・症例紹介
  • 安全設備について
  • インプラント成功の第一歩とは?
  • 院長ブログ
  • スタッフバナー    
  • ミズキデンタルオフィスフェイスブック
  • 光機能化技術導入医院
  • ミズキデンタルオフィス
  • 上海YODE Dental Center紹介
  • モバイル版バナー